calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

links

profile

categories

archives

search this site.

others

イタリアでiPhoneを使う

JUGEMテーマ:学問・学校


留学された方からのコメントで、アップルのiphoneが役に立ったと仰っていた。学校では、無線LANでネットが出来るし、重たいPCを持っていかなくても良いのは、留学生にとっては良いことですね。 また、授業中もネットが利用できるから電子辞書がなくても、iphoneが電子辞書代わりになるそうです。 などほどiphoneは高いなぁ・・・と思っていましたがイタリア留学ではかなり使えそうですね。ちなみにipadも同じですね。




スカイプSkypeで国際電話

 今年のお正月の日本へのあいさつは、やっぱりこれです。

スカイプで国際電話をするのは、もう常識ですね。 普通の電話へも格安だから、便利です。 一昔は、国際電話は高くて大変でしたが、これなら本当に便利です・・・。

イタリア留学の注意点

JUGEMテーマ:学問・学校
 
最近、数件同じような問い合わせがあった為、こちらでもご報告させて頂きます。

どのような問い合わせかというと自分でオンライン等を使って、申し込みをしたけど一切の連絡が出発日が近づいているのにない、日本人スタッフがいるので、安心して申し込んだけど、思うようなサービスが受けられていない、現地で学校に不満があるが、どのようにして良いのか分からないETC..


ご自身でお申し込みになった場合には、全て自分で上記のような場合にも対応できる必要があると思います。

当方にご連絡を頂いても、学校側は、自分の生徒だから…と理由で介入を快く思いません。学校側は何とか自分の力で何とかしたい訳ですね。


実際には、私は学生に近い立場だと思っておりますので、問題を解決出来るように対応しておりますが・・・・・。


もし、ご自身で対応する自信がない場合には、当方の無料の留学お手伝いを是非事前にご利用して頂けたらと思います。




成田空港周辺ホテルで前泊

JUGEMテーマ:旅行
 

海外旅行などへ行く際、飛行機の時間が朝早いときは、無理して早起きせずにホテルに前泊する方が、絶対便利。 色々なサイトがありますが、特に楽天トラベルでは、色々ポイントなどがあるので、思っていた料金よりかなりお安く泊まれたりします。 Holiday Innや日航成田などが、びっくりする位安い。 長旅の場合には、出発前からぐったりと疲れては、後が持ちません。早起きして無理をせず、きれいなホテルで、のんびりと過ごしてから、早朝チェックインと言うのも良いと思います。









ゆうちょ銀行からの海外送金

海外送金というと、どうしても手数料が高い。

授業料等を送る際に500ユーロでも2000ユーロでも日本の銀行からイタリアの銀行に送金すると、6500〜8000円位の送金手数費用が掛かっていました。

今まで郵便局からの海外送金は、相手先が郵便局に口座を持っている場合、もしくは、住所宛送金という方法しかありませんでした。この場合には、手数料が2500円。



ゆうちょ銀行が出来てから、ゆうちょ銀行からもイタリアの銀行口座へ振り込みが可能になりました。(国際送金可能な店舗からのみ)




イタリアの就学ビザ申請の際の預金残高(通帳提示)

イタリア留学される場合、就学ビザを取得される時に必要になるのが、

現地での生活費を保証する証明です。以前は、残高証明を提出していましたが、現在は、銀行の通帳を持参して証明することになります。

もし、資金をご両親から出してもらう場合などは、通帳を提示して頂くことになりますが、ヴィザ/ビザ申請者が自分の資金で留学される場合には、ご自分の銀行の通帳を提示して頂くことになります。



見る航空券をお探しですか?


イタリア留学:保険の選び方

長期留学する場合、海外傷害保険に入る必要がありますが、一年の留学となりますと大体10万弱の費用が必要になります。

しかし、どうやって選んで良いか分からない・・・・悲しい
と言う場合には、まず、これだけは注意して点をお知らせいたします。

それは、ヴィザ申請の際に問題となる「治療費の金額」

イタリア大阪領事館では、無制限などと言う話がありますが、

先日、留学の方が問い合わせた結果・・・・・・

海外にお金の持参する方法:イタリア

2月12日2009年現在、フィレンツェ市内のアメリカンエキスプレスのオフィスが閉鎖となっていますので、トラベラーズチェックでの換金を予定されている方は、ご注意ください。

学校への申し込みが終わったら、現地イタリアで使用するお金の用意をしなければいけません。


最近、一般的に利用されているのが、国際キャッシュカード。
イタリアのATM/バンコマットで、このカードを使えば、自分の口座のお金をユーロでおろす事が出来ます。
しかし、引き出すのに手数料もかかりますし、レートも各社それぞれです。

また、トラベラーズチェックという方法もあります。イタリアでは、トラベラーズチェックで、直接お店に支払う事は、ほとんど出来ませんので、所定の銀行等で換金することになります。

イタリア語学学校・専門学校の資料請求

留学の斡旋会社・代行会社は、山ほどありますが、大手留学斡旋会社「ゲートウェイ21」の倒産により、留学をされる方は、さらに慎重に手配をする必要があります。

上記のような会社に資料を依頼した場合、後でセールスの電話がしつこくかかってきたと言う話も聞きます。


代行会社は、資料を一括で請求出来て便利ですが、後であんまりしつこくされるのも困りますよね。私が資料を請求した時には、なぜかお金を取られた事もありました・・・・。


専門学校のヴィザ取得!!

私が今までお世話した中で、一番ハラハラした今回の専門学校のヴィザ取得。

今までの学生が問題なくヴィザの申請をして、ヴィザを取得できていた学校に突然、書類が足りないので、ヴィザが下りませんとの領事館の回答。

出発まで、わずか2週間しかないのに〜〜!!と言いたい気持ちを抑えて、留学生の方は、領事館に問い合わせをし、私は、学校と電話で相談し、学校は、領事館に何度も電話をして・・・・・・。

取れましたヴィザ、出発の2日前にグッド

留学生の方には、言いませんでしたが、実は、学校長も

「もうヴィザは取れないかもしれない・・・」

と諦めかけていたのです。



続きを読む >>

| 1/5PAGES | >>